今日の世田谷線

略して“キョウセタ”

若林駅周辺は猛暑で人があまり居なかった気がする

気のせいだと思います。

線路のカーブまで見れるなんて、意外でした。まあ常に一直線なワケではないですけどそれでも世田谷線でカーブっていうのがなんか良かったんですよね。 

 

それにしても「カーブを曲がる」ってフレーズはオザケンを彷彿させますよね。なんだか素敵な世田谷線になりそうですね。カローラでも無い、電車に乗っていますが同じ感覚だとは思いますよ。

 

 

そんなカーブに気付いたのも、暑さで頭がやられていたからだと思いますよ。普段考えることのないことをボーッと考えていて、それは熱中症の類なのかましれませんね。

 

 

世田谷線に乗る前、私はこの猛暑で外に出たくないので午前は部屋掃除と鶏ハムの調理をしていました。

 

 

それで、午後は駒の湯で気分転換をしようと世田谷線を利用していたのです。駒の湯で交互浴を実践していた際、休憩中にテレビを見ていたらカンピロバクターの話題をテレビでやっていた。カンピロバクターは火をあまり通していない鶏肉から繁殖することが多いらしいですよ。 それって私の鶏ハムじゃねーか。